カードローンの低金利を比較するポイントは?

銀行や消費者金融などでお馴染みのカードローン商品ですが、やはり低金利の商品ほど人気が高くなります。何しろ金利が低いと利息の支払い額も低くなってくれますので、金利こそはカードローン選びにおける最も重要な比較ポイントとなると言えるのです。
ただし、その比較には注意点があります。実際にカードローンの金利をチェックすると、「実質年率は5.5%から17.5%まで」という具合に明記されているはずです。要するに金利の下限と上限とが書かれているのです。一般消費者が金利をチェックする時は、どちらかというと金利の下限に目を奪われてしまうことが多くなります。こうした傾向は、ローン商品の初心者ほど顕著になります。
しかし下限の金利とは融資額が最大の時にのみ適用される金利ですので、それに着目して金利が高いとか低いとか考えても、殆ど意味は無いのです。ですから複数のカードローン審査甘いの中で、どの金利が一番低いかを判断する際には、金利の上限にこそ着目すべきなのです。特に借り入れ予定金額が小額である場合なら、尚更、上限の金利をチェックすべきです。
ただし、どんなに低金利でお得なカードローンを利用することが出来たとしても、十分に余裕のある返済計画を事前に立てておくことは忘れてはなりません。金融機関からお金を借りるということは、とにかく無事故で安全であることが一番大切なことなのです。ですから金利に強くこだわるあまり、安全な利用が疎かになってしまわないように注意しましょう。

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.